Anime,comic,Light novel...

アニメ、漫画、ライトノベルについて書くブログです

これはそんな物語ではない… 〜「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか-オリオンの矢-」〜

記念すべき第1回はダンまちの劇場版
まだ公開している地域もあるのかな?
筆者がダンまちを見るのはアニメ1期以来だから相当久々です

さて、自分はダンまちが映画になるとは聞いてましたが情報は完全にシャットアウトしてました
とりあえず来場者特典で書き下ろし小説が配布されることだけはキャッチ
なので真綾が出演していることに気付いたのはエンドロールでした(汗)

上映時間は90分
ですが上手く着地できてよかったねという印象
いや、出来すぎでしょって感じ
笑いあり、興奮あり、涙あり
三拍子しっかり揃っている
特にあのシーンとか
ヴェルフ…なにしれっと混じっとるんじゃ(笑)※劇場ではこのシーンで大爆笑が起こりました

一方で一期とは比較にならないほどエグいシーンも
これ、まだ上映地域があることを踏まえてネタバレしないようにしていますが、後半のあそこのおぞましさと来たら…
一期でもこんなにゾッとするシーンなかった
二期からはこんなシーンも増えるんでしょうか

そしてベルくんの涙の訳…
ここから先は言ったら見てない方に殴られる気がするんで止めときます
でも傑作だと自信を持って言える!!
2回見たけど損してないよ!!
更に原作ファンは終盤、ニヤリとするシーンもあるから必見です

最後に…タイトルは劇中のある人物の台詞から取りました
本当の意味は終盤に分かるのでそこも楽しみにしてください

余談
エンドロールで北電子の名前が出たのは思わず吹いた