風穴!!風穴!!/「緋弾のアリア」

タイトル「緋弾のアリア

著書:赤松中学

イラスト:こぶいち

 

アリアAAのレビューを3巻まで掲載していきましたが、次の4巻に進む前に満を持して原作第1巻のレビュー
というのはAAの4巻は原作1巻と密接に繋がってくるんですよ

 

  • 序章〜1弾

物語は作中を代表すると言っても過言ではない「空から女の子が降ってくると思うか?」からスタート
ここは導入ということで武偵とは何か、キンジ達が通う武偵高について説明が

 

(まだヤンデレ成分を微塵も出してない綺麗な)白雪さんが手伝いに来るという誰もが嫉妬するプロローグからアリアとの最悪な出会いまで 


この時のアリアは今とは髪型が微妙に異なっているのが特徴
AA読むとそれが良く分かります
そしてポンコツ(笑)

 

AAのアリアはあかり達からリスペクトされる存在ではありますが、こっちが本来のアリア
「武偵殺し」事件に巻き込まれたキンジを救うべく、現れたのはいいですが、そこからハプニングによってキンジがヒステリアモードへ(分かりやすく言えばスイッチが入った状態です)
その姿に呆然としつつも、例のハプニングは許しておらずキンジを捕らえようとしますが…
ヒステリアになったキンジは覚醒状態
アリアの手の内はほぼお見通しなのです
更にアリアのポンコツぶりで確保失敗
ここからアリアとキンジの物語(というか因縁?)が始まり…

 

  • 2弾

アリアとの最悪な出会いを果たしてしまったキンジ
こうなるともう元の日常には戻れないわけで…
キンジのクラスメイト武藤、本性を出す前の理子りんはここで登場(要するにお馬鹿キャラを演じてる)
理子りんがヤバい奴だという伏線はもうこの章で出ているから隠すことはしません

 

更にはアリアがキンジの部屋に乱入してくるわキンジは散々…
今でこそアリアはキンジの良き相棒(ってどっかのサイトに書いてあった)ですが、この頃のアリアは会話のキャッチボール不能
精神的にアレなのです
それはアリアに時間がないというのもありますが、キンジもこの生活を脱出したいようで…

 

脱出するためにはアリアを振り切るのが必須
そこでキンジが考えた策は…?

ちなみに現在稼働中の「P 緋弾のアリアⅢ」に登場する「太陽はなんで昇る?月はなぜ輝く?」はここから
藤商事、良くここから引っ張り出してきたな…

 

  • 3弾

そこでキンジは一時的に強襲科に復帰することに
それはアリアと一度だけ事件を組んで今の自分の実力を見れば諦めるだろうと判断したからでした

 

途中でゲームセンターでアリアのためにUFOキャッチャーマスクでぬいぐるみを取ってあげるほんわかした一面もありましたが、バスジャック事件が起こると状況は一変し…

 

人気キャラのレキはここで初登場
レキはAAでも原作でも違いはほとんどありません
後に良い意味で崩れていきますが

 

このバスジャックでアリアは負傷
その後、喧嘩割れしてしまうのですがなぜアリアが「独唱曲」と言われているか、キンジが武偵をやめたがっているもう1つの理由もここで判ります
そして犯人が誰かに繋がるヒントもこっそりと

 

  • 4弾

そのバスジャックの直後、キンジは偶然見かけたアリアを尾行(ここでお馴染みの髪型に変化)
アリアが焦っていた理由は冤罪で収監されている母親を助けるためでした
しかも「武偵殺し」の件も絡んでいるから尚更
アリアが母親と面会した翌日、理子と会うのですが…

 

  • 5弾

その理子があるキーワードを言ったことで状況は一変
強引にヒステリアモードになってアリアが搭乗する飛行機に殴り込んだのですが、そこにも爆弾
そしていよいよ黒幕が姿を表すのですが、その黒幕こそ理子りん

 

実はこの「武偵殺し」、3件目で相手を始末している法則があり、今回が本番だったのです
そして理子とアリアが対峙する訳ですが理子は謎の能力の持ち主で…
更に「イー・ウー」という今後のキーワードも登場
アリアも危機に追いやられますが、「ラッツオ」という復活薬で復帰し理子を追い込むまでは行きますが…

 

一難去ってまた一難の如く、今度は飛行機が墜落寸前に
どういうわけかミサイルが飛行機に発射されたようで、墜落を阻止すべく武偵校の仲間が協力してくれるのですがキンジさん…、なんで聖徳太子並のことを出来るのですか
そして普通に運転できてるアリア、コナンくんですか?(笑)

 

なおこのシーン、初代アリアでは信頼度の高いリーチだったりする※初代はチャンスアップがかなり重要でした 

 

  • 最終弾

なんとか墜落を阻止できたキンジとアリア
アリアとの約束通り、これで関係は終わりになるはずでした
しかしアリアは離れたくなかった
それを目撃したのです

 

だからアリアが帰国しようとした日にある行動に出ます
アリアの味方になるために…!!
まあシリーズ続いてるからアリアが戻ってくるのは誰もが予想できるでしょう
しかし、アリアとキンジには次なる苦難が…

 

そうです、あのヤンデレです

 

 

感想
昔から読もうとはしていたのですがなかなか読めず、ようやく読了


スピーディーで分かりやすい展開
しかも熱い、こりゃヒットしますよ
未だに人気が根強いのも納得

でもこれまだ序章なんですよね
実はアニメ化された部分ってまだ序章に過ぎないんですよ
どこから始まるからって?
僕より早く読めば判りますよ

勿論2巻も掲載予定です


でもその前に…その頃あかり達は?