「虚構推理」のアニメについて思うこと

時間というものは早いものでもう2月に突入した

まずは1ヶ月もの間、無事に生きられたのを祝福したい

生きられることは当たり前ではないのだから

 

はい、変な前置きしてしまいました(笑)

1月になると新しいアニメが始まるということで僕も何本か見ています…というよりは見ようとしているが正しいかな?

  1. ハイキュー!!
  2. とある科学の超電磁砲T
  3. 虚構推理
  4. ランウェイで笑って
  5. マギカレコード

 

僕が視聴を計画したのはこの5つ

前半は原作のファンだというのが大きいです

レールガン、そろそろ単行本購入再開しなくきゃなあ…

 

で個人的に気になっていたのは「虚構推理」のアニメ化

え、あれアニメやるの?って感じでした

原作者が「絶園のテンペスト」の城平先生だったので1巻から購入していたんです

それだけにアニメ化は驚きでした

 

絶園のテンペスト 1 (ガンガンコミックス)

絶園のテンペスト 1 (ガンガンコミックス)

 

ちなみに昔のPCの壁紙は「絶園のテンペスト」でした

 

でこの記事執筆している時点でアニメは3話まで消化した状況

原作読者の視点で感想を述べると、面白い構成してるな〜って

 

そもそも大蛇のエピソードって原作だと漫画7巻に収録されたもの

虚構推理(7) (講談社コミックス月刊マガジン)

虚構推理(7) (講談社コミックス月刊マガジン)

 

「剛人七瀬編」がメインになると思っていたので突然大蛇の話に飛んだのに驚いたんです

しかもアニメ視聴者の方にお伝えすると漫画だとこのエピソード、事件解決後ですからね(笑)

アニメは琴子が高校生時代のエピソードに設定変更しましたが、漫画だと大学ですから(ただ豚汁を食べるためと九郎が断る理由は変わってない!!)

 

これってアニメから見た方に原作の世界観を分かりやくするためのファクターだったのかもしれません

漫画だとすぐに「剛人七瀬編」に突入しましたから

それも6巻近く続いてました(…というか僕もアニメ見ながら思い出してる。1巻発売5年前だぞ!!記憶飛ぶわ!!)

 

しかもキャストに六花の名前があることも気になる

銅人七瀬編だけじゃ終わらないのか…?

最新刊だと六花絡みのエピソードやってましたよね?

虚構推理(11) (講談社コミックス月刊マガジン)

虚構推理(11) (講談社コミックス月刊マガジン)

 

まさかこれコミックス全巻使いきるのか…?

原作ファンとしては嬉しいけど!!

 

ちなみにアニメが何処まで行くかによってはこの作品の感想を始動させることも考えています

アニメ終わった箇所から

アニメの先見たいでしょ?

アニメだけで切るのは勿体無い!!

気になったら漫画版にもどうぞ!!

 

虚構推理(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

虚構推理(1) (講談社コミックス月刊マガジン)