悲しみの連鎖を断ちきれ!!/「魔法少女リリカルなのはDetonation」

こっちは上映終わっているから流石にネタバレしても問題ないでしょう

 

おのれええええ、山寺あああああああ※山ちゃんファンの方すいません

 

という訳で「なのはdetonation」について
Reflectionは誠に勝手ながら省かせていただきます※なお前作が初のなのは鑑賞だったりする

 

なんというか希望を残しつつも後味が悪かった前作のReflection
今作は前作のラストからそのまま始まるので、前作を見てから行かないと確実に置いていかれます
序盤からユーリちゃん、可愛そうだし…
王様サイドが裏切るのかと思いきや、裏切らなかったのは安心したけど

 

重要なのは序盤から中盤にかけての惑星再生委員会のシーン
ここにガッツリ伏線が盛り込まれている
そうすれば王様サイドがなぜユーリと繋がりが深いのか分かるし、イリスの本来の人柄も見える
なぜここに尺を大きく取るのかも後程

 

真打ち登場後は分かっていても熱くなってしまう展開
なのはとフェイトの共闘はやっぱり熱いし、王様のユーリへの想い、そしてキリエの成長…
前後編見ればやはり最高だと思わずをえません

 

そしてタイトルのDetonation
これは僕が思うに「悲しみの連鎖を破壊する」という意味だったのです
ラストで幸せそうに暮らすキリエの姿を見ると続編作って欲しいですね
パンフで一旦休むと話していたので、間違いなく次のフェイズはありそうですが

 

個人的に楽しみなのはBlu-rayの副音声
あの人はReflectionとはさぞ別人になっているんでしょうね…(笑)

 

ちなみに今作…、なのは初のRG-12指定がかかりました
なんでだろうなと思って劇場に行ったら、そりゃあの虐殺シーンはRG-12指定かけないと駄目だよ!!
にわかな僕が言うのもなんですが、なのは史上最もグロテスクなシーンだったかも
なので最後にもう1回

 

おのれええええ、山寺あああああああ!!
※昔おはスタよく見てました